第60代会長  國吉 康介

人事を尽くして天命を待つ

 皆様方には平素より木更津商工会議所青年部の活動に対しまして多大なるご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。さて今年度、青年部は60周年の年を迎えます。我々は、地域発展という目標達成のために一同、尽力させていただいております。我々は多くの方々の協力のもと活動を続けております。先輩方のこれまでの活動の積み重ねによって得た信頼の賜物であると考えております。次代の青年部が地域の信頼を得続けるために、節目の年に改めて我々の存在意義を再確認いたします。
 今年度のスローガン「人事を尽くして天命を待つ」は結果を怖がらずに今できることを全力で取り組み、前だけを向いて進むべきという意味で掲げました。私自身が結果に対し、ネガティブなイメージを持ちすぎるあまり、余計なことばかり考えて行動に移せない事が多々あるので、自分自身のチャレンジとしてもこのスローガンを徹底していきたいです。何事もそうだと思いますが、同じことを繰り返し行うだけでは発展が難しく、常に新しいことにチャレンジすることこそが重要だと考えます。新しい行動をする際には常に結果に対しての不安を感じ、今まで以上の困難があります。この困難をどれだけ経験してきたかが各部員のこれからの人生における財産になるものだと信じております。
 60周年事業に関しまして、地域の文化、自然、歴史など地域資産を活用した体験会などを実施することにより、子供達が木更津の歴史に触れることにより、文化を知る機会また、住民同士の交流の場を創出できる事業を開催する予定です。60周年事業を実施することで、子供達にふるさとの魅力を伝え、いずれ大人になった時に木更津に居住し、仕事をし、家庭を持ちたいと思って頂けることが目標となります。身近な友人の中にも木更津を離れ、他県に移り住む者を多くいる中で、いずれ木更津に戻ってきて頂くためには、地域の伝統、文化そして何より郷土愛を育むことが重要だと信じております。
 青年部の課題の一つに部員減少が挙げられます。未来永劫青年部活動を続けるためには多くの部員の協力が必要となります。部員が増加するとその分事業の規模が大きくなり、青年部の周知がより一層可能になることによって、さらに部員増強につながると思います。
まだまだ20代30代では完璧な人間は少ないです。自分に知識、経験が足らなく、未熟だと自覚している人間こそ青年部に入り成長できる組織だと思います。お互いに切磋琢磨し他の部員の長所を認め合え、自分の短所を指摘していただける団体はそう多くはありません。青年部の良さ、特に自己研鑽につながる団体ということを前面に打ち出し、部員増強に努めてまいります。
 今年度は60周年の周年事業を実施するにあたり、各部員に多くの困難が待ち構えていますが、それを打開する力を身に付け、一年間終わったあとに各部員が充実感を得られるような一年間にしていきたいと思います。そして今後とも木更津市の発展に微力ながらも貢献できれば幸いです。

第59代会長  鈴木 誠

知行合一

木更津商工会議所青年部第59代会長を仰せつかりました、鈴木誠です、よろしくお願い致します。                                                    我々商工会議所青年部は綱領にもある通り商工会議所活動の一翼を担い、豊かで住みよい郷土づくりに貢献すべく日々活動しております。本年度もその姿勢を崩さす全力で走る所存でございます。                                          今年のスローガンである「知行合一」とは「知ることは行為の始めであり、行為は知ることの完成である」という意味です。                                      「知っているからやらない、知らない人にやってもらう」ではなく、「知っている人も知らない人も一緒に行動し完成させよう」つまり、みんなで行う青年部活動を目標にしたいと考えます。                                                    また、今年度は60周年の前年そして木更津から初の県青連会長の誕生といった事もあり、各種団体、OBの先輩方との関係強化ももう一つの目標とさせて頂きたいと考えております。                                                 「港まつりお祭り広場」、「おっぺせ!木更津だっぺ村」や「木更津CMコンテスト」は更に発展させつつ継続して行い、新たに「児童福祉事業」や「ソーシャルメディアを利用した青年部活動」を計画しております。その中で地域の皆様、各種団体、OBの先輩方に楽しんで頂けるような企画づくりを行って参ります。                                                                                                   毎年の事ではございますが、部員増強も大きな課題となります。今年度はソーシャルメディアや既存の広告を活用し多くの方に青年部活動を知って頂きたいと考えております。 当然、積極的に勧誘活動を行って参りますが、見た方自身が「入ってみたい」と思えるよう、我々が楽しむ事も忘れず活動します。                                      皆様方には本年もいままで同様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

第58代会長  森 岳

とことん馬鹿になれ!恥をかけ!

皆様方には平素より木更津商工会議所青年部の活動に対しまして深いご理解と温かいご協力を賜り衷心より感謝申し上げます。
我々青年部は木更津市や市内商工業の発展の為に日々活動しております。今年度も変わらずその姿勢を貫いていく所存であります。
 さて、今年度のスローガン「とことん馬鹿になれ!恥をかけ!」は失敗を恐れずに、そして格好をつけずに、何事にも全力で取り組め、という我々自身に言い聞かせる意味で掲げました。ただ事業をこなすのではなく、全員が趣旨を理解し、全力で取り組むことで今まで以上に成果は上がるものと信じています。
 継続事業である「おっぺせ木更津!だっぺ村」に関して、今年度は回数を増やして開催する予定です。何事もそうだと思いますが継続することで周囲に認知され規模も大きくできるのだと考えます。同時に協力者も増えてくるものと信じています。
おらが町CMコンテストも同様に継続したいと考えています。YouTubeにUPさせる手法はそれだけで木更津市や飲食店のPRにも繋がり大変好評でした。この2つの事業はどちらも三段跳びで言うならばステップの段階にあり、これからが本格的に始動する事業だと考えています。
 青年部にとって問題となっているのは部員の減少であります。我々青年部の活動の全ては人から始まります。人が木更津市を想い、それぞれがアイデアを出し、事業を形にしていきます。人が少なければその分事業が限定されがちになります。青年部のように木更津市内に特化し、自由な発想ですぐに活動できる団体はそう多くはありません。青年部の良さ、楽しさを前面に打ち出し、徹底的に部員増強に努めて参ります。
 今年度は何よりも我々自身が楽しく充実した活動をしていきたいと考えています。飾らず、気取らず純粋に木更津市や市内商工業発展の為に努力精進して参ります。
皆様方には今まで同様のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

第57代会長  能城 和也

百花繚乱~地域を輝かせる一輪となれ~

昨今の日本の情勢はめまぐるしく感じられます。しかしながら、景気の傾向をみても、決して良くはなっていないのが現状ではないでしょうか。だからと言って、政治に対して不平や不満を述べるわけではなく、私が申しあげたいのは、自分や自分の周りの人を信じ、夢を持ち、その夢に向け行動していかなければならいと思います。「ダメだ・無理だ・悪い」といったネガティブ思考でなく、一人ひとりがもっと前を向き前進していかなければなりません。今年度は、そういった気持ちを踏まえ活動していきたいと思っております。
さて、平成25年度のスローガンですが、『百花繚乱』とさせて頂きました。『百花繚乱』とは、いろいろな花が咲き乱れること。転じて、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績がたくさん現れること。『百花』は種々の多くの花、いろいろな花の意で、『繚乱』はいろいろな花が、はなやかに美しく咲き乱れるという意味を持ちます。現在、在部している部員はいろいろな個性・発想があります。また、その個性や発想を伸ばす努力・行動力も併せ持っています。ひとつひとつの花は小さいかもしれないが、そのひとつひとつが集まれば、いずれ大きな花の束となり、見るものに、喜びや勇気を与えることができるのではないかと思います。しかしながら、現役の部員の数は減少傾向にあり、大きな花の束にするには、まだまだ部員数が少ないのが現状です。
そこで、今年度は部員数を大幅に拡大する事を目標にします。また、現役・新入部員全員が地域の為に何ができるかを考えると共に、自己研鑚できる場を作り上げていきたいと思っております。また、その他の活動方針としまして、「木更津みなと祭り お祭り広場」「だっぺ村」など、先輩達から引き継がれてきた継続事業に工夫を重ね、さらに充実した事業に変貌させられるようにしたいと考えております。「だっぺ村」に関しましては平成25年度で、第3回の開催となります。ようやく市内のみならず他方面にも浸透してきています。そして、この「だっぺ村」は青年部事業の中でも群を抜いていると言っても過言ではないほど、地域密着型であると同時に、地域交流ができる事業だと自負しております。平成25年度ではこの2本の柱を軸として活動していく所存でございます。
 最後に、青年部は一致団結の下、街づくりや地域に貢献できるように精進してまいります。皆様方におかれましては、平成25年度も引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。も引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

第56代会長  青木 崇宜

自修自得~木更津の原動力に~

平成24年度のスローガンは「自修自得」です。「自修自得」とは主体的に学び得るという積極的な姿勢を意味します。地域の為、そして各々の事業所の為に何が求められているかと考えた時、それは自らの成長ではないでしょうか。自身が学び成長する事が地域の活性化に直結するものと考えます。そこで本年度は、例会を始めとする各青年部事業を各々が自発的に学ぶ姿勢をもって携わり、そして木更津の原動力となる為1年間活動してます。
木更津市は今年「市制施行70周年」という大きな節目を迎えます。また、金田のアウトレットパーク開業もあり例年以上に内外ともに「木更津市」が注目される年でもあります。我々青年部も平成23年度55周年を迎え新たなる一歩を踏み出しました。この木更津市が節目の年に「青年部として何が出来るか?何をすべきか?」を考えて活動して参ります。現在、インターネットにより数多くのコミュニティが発生しています。木更津でも実社会で多くのコミュニティがあります。インターネットにより「距離」の垣根が無くなりつつある現在、実社会においても垣根を越えた活動が必要と考えます。昨年の大震災以降「繋がり」を実感された方も多くいらっしゃるはずです。「繋がり」は震災で発生したわけでは無く「顕在化」したものです。我々青年部は1年間を通し木更津の地を盛り上げる為、多くのコミュニティの中心となり活動して参ります。過去青年部は「日本一のアサリの巻き寿司」や屋台村企画「だっぺ村」など地域の発展の為に尽力してきました。本年度もこの注目される年をチャンスと考え活動します。
また、大きな使命として「部員増強」を掲げます。例年行なわれている「木更津みなと祭り お祭り広場」や「みなと木更津うみ祭り」など青年部への期待は日々大きくなっています。しかし、平成25年には5名の卒業予定者が出ます。我々青年部への期待に応える為、部員増強は急務となっています。本年度は各委員会が「部員増強」を目標に活動して参ります。自己研鑽の場であり、活動体験が何にも代えがたいものである事を多くの方に知って頂き仲間を増やしていきたいと思います。
平成24年度は我々も所属しております「千葉県商工会議所青年部連合会」に木更津商工会議所青年部から副会長を輩出します。県内の他単会との交流を深める機会も多くなり、それぞれの事業内容を知る事により刺激をうけ自己研鑽となる事と思います。
最後に、青年部は多種多様な仕事を持っている人達が集まっています。考え方も人それぞれです。その多様な考えをぶつけ合い、そして一致団結し多くの事業にチャレンジしていきます。皆様方には、平成24年度も引続きご期待とご理解、そしてご協力を宜しくお願い致します。

第55代会長  吾津 松太郎

意志あるところに道は開ける
~55th・ROAD TO your SMILE~

昨今の日本の情勢はめまぐるしく感じられます。しかしながら、景気の傾向をみても、決して良くはなっていないのが現状ではないでしょうか。だからと言って、政治に対して不平や不満を述べるわけではなく、私が申しあげたいのは、自分や自分の周りの人を信じ、夢を持ち、その夢に向け行動していかなければならいと思います。「ダメだ・無理だ・悪い」といったネガティブ思考でなく、一人ひとりがもっと前を向き前進していかなければなりません。今年度は、そういった気持ちを踏まえ活動していきたいと思っております。
さて、平成25年度のスローガンですが、『百花繚乱』とさせて頂きました。『百花繚乱』とは、いろいろな花が咲き乱れること。転じて、秀でた人物が多く出て、すぐれた立派な業績がたくさん現れること。『百花』は種々の多くの花、いろいろな花の意で、『繚乱』はいろいろな花が、はなやかに美しく咲き乱れるという意味を持ちます。現在、在部している部員はいろいろな個性・発想があります。また、その個性や発想を伸ばす努力・行動力も併せ持っています。ひとつひとつの花は小さいかもしれないが、そのひとつひとつが集まれば、いずれ大きな花の束となり、見るものに、喜びや勇気を与えることができるのではないかと思います。しかしながら、現役の部員の数は減少傾向にあり、大きな花の束にするには、まだまだ部員数が少ないのが現状です。
そこで、今年度は部員数を大幅に拡大する事を目標にします。また、現役・新入部員全員が地域の為に何ができるかを考えると共に、自己研鑚できる場を作り上げていきたいと思っております。また、その他の活動方針としまして、「木更津みなと祭り お祭り広場」「だっぺ村」など、先輩達から引き継がれてきた継続事業に工夫を重ね、さらに充実した事業に変貌させられるようにしたいと考えております。「だっぺ村」に関しましては平成25年度で、第3回の開催となります。ようやく市内のみならず他方面にも浸透してきています。そして、この「だっぺ村」は青年部事業の中でも群を抜いていると言っても過言ではないほど、地域密着型であると同時に、地域交流ができる事業だと自負しております。平成25年度ではこの2本の柱を軸として活動していく所存でございます。
 最後に、青年部は一致団結の下、街づくりや地域に貢献できるように精進してまいります。皆様方におかれましては、平成25年度も引き続きご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます